POWER Watch|パワーウオッチ 
CONTENT'S SELECT
ご覧になりたい記事分類のカラーチップをクリックしてください。
記事フリーワード検索: 
腕時計用語集|GLOSSARY2015.01.30
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
サイクロップレンズ
【 Cyclops lens 】
ロレックスのデイト(日付け)モデルには、日付け表示窓の上にレンズ状のものが付けられている。これがサイクロップレンズと呼ばれるもので、約2.5倍の拡大率を持っている。カレンダーの視認性を高めるための機構だが、ロレックス以外で採用しているところはまだ少ない。
サテン仕上げ
【 Satin finish 】
金属の表面仕上げのひとつ。サテン(絹)に似た質感の、ツヤ消し仕上げとなっている。腕時計ではケースやベゼル、ベルトとの接合部分などに使われることが多い。
3針時計
時針、分針、秒針の3本の針を持つ時計のこと。中央に秒針を備えたセンターセコンドと、主に6時位置に設置されることの多いスモールセコンドと呼ばれるインダイヤルで秒を表示するものがある。センターセコンドのタイプは、中3針とも呼ばれている。
仕上げ
【 finish 】
ムーヴメントの輪列、時計の建て付け、ケースやブレスレットの磨きなどを最終調整すること。
シースルーバック
【 Seethrough back 】
裏蓋にサファイアクリスタルなどの透明な素材を使用した意匠。外からでもムーヴメントの駆動や、仕上げを鑑賞することができ、時計愛好家から人気が高い。裏スケルトン、スケルトンバックなどと呼ばれることもある。
GMT
【 GMT = Greenwich mean time 】
グリニッジ・ミーン・タイムの英語の頭文字。すなわちグリニッジ標準時のこと。または、24時間針を持ち、長針と短針による時刻表示のほかに、24時間表示が行えたり、第2時間帯の時刻を示す機能を示す。GMT機能を搭載している腕時計を示すこともある。
COSC
【 COSC = Controle Offiiciel Suisse des Chronometres 】
スイスにあるクロノメーター検定協会の略称。時計の品質向上を目的に設立され、時計の精度検査や、クロノメーターの認定などを行っている。
時差
【 Time difference 】
地球上の緯度が異なる場所で生じる時刻の差のこと。1時間は経度では15度。グリニッジ標準時を基準に、国や地域ごとに標準時を設けている。ちなみに日本とイギリスの時差はプラス9時間。つまり、日本はイギリスより9時間早い時間帯にある。各国との時差を読み取るにはワールドタイマー機能を搭載した時計が主に使用される。
姿勢差
【 Difference position 】
腕の動きによって、腕時計は水平や直立などさまざまな向きで使用される。この腕時計の向きが変わった状態では、ムーヴメントへの重力のかかり方が変わるため、精度も微妙な影響を受ける。この重力のかかり方の違いで生じる精度の誤差を姿勢差と呼ぶ。
自動巻き
【 Automatic 】
体の動作に呼応してローターが回転し、ゼンマイが自動的に巻き上がって動力を貯える機構。オートマチックともいう。現在では両方向回転で巻き上げる自動巻き時計が浸透している。
ジャイロマックス
【 Gyromax balance 】
パテック フィリップ社が1949年に特許取得した同社独自の調速機構。着脱できるワッシャーを取り付けることで、メンテナンスを容易にしたユニークな構造を採用している。
ジャンピングアワー
【 Jumping hour 】
短針の代わりに、文字盤に設けられた小窓に数字で時刻を表示する機構のこと。時刻を表す数字がジャンプして瞬間的に切り替わるため、ジャンピングアワーと呼ばれる。分針や秒針が左右に往復運動をするレトログラード機構と組み合わされることが多い。
ジュネーブ
【 Genéve 】
スイス時計産業発祥の地として知られるスイス南西部、レマン湖畔の都市。毎年、リシュモングループを中心とする「ジュネーブサロン」と呼ばれている、国際高級時計展「S・I・H・H(Salon Inter-national dela Haute Horloge-rie)」が開催されることでも有名。
ジュネーブシール
【 Le poinfon de Geneve 】
スイスのジュネーブで作られる高品質な時計に与えられる認証。1860年にその条件が定められ、公式検査機構による厳密な検査に合格しなければならない。一定の品質基準、精度と耐久性、定められた構成部品がジュネーブ州内に住む時計職人の手で製作され、組み立てられることなどが主な条件となっている。現在、ジュネーブシールを与えられているのは、パテックフィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、ショパール、ロジェ・デュブイなどのごく少数のブランドのみとなっている。
ジュラ山脈
【 Massif du Jura 】
スイス北西部にある山脈地帯。ラ・ショー・ド・フォン、ビエンヌ、ル・サンティエ、ル・ロックルなど、時計に深い関わりを持っている地域が点在していることから、時計業界ではウオッチバレーとも呼ばれている。ジャガー・ルクルト、ジラール・ペルゴ、オメガ、ゼニスなどの有名ブランドの本社がこのジュラ山脈一帯に設立されている。
シリアルナンバー
【 Serial number 】
本来は、時計をメーカーが管理するために時計ごとに与えた固有番号を指す。限られた特別な商品であることをアピールするために、限定モデルなどにもこの固有番号が刻まれていることが多い。
シルバー
【 Silver 】
軟らかく、加工しやすく、古くから宝飾品、食器、ケース素材として広く使用されてきた金属。純銀では軟らかすぎるため、銀92.5パーセント、銅7.5パーセントの合金のかたちで利用される。これをスターリングシルバー、シルバー925と呼ぶ。

【 Stem 】
テンプや歯車の中心に設置されている軸のこと。芯とも表記する。
真鍮
【 Brass 】
銅と亜鉛の合金のこと。あらゆる形状に加工しやすく、適度な強度も保有すが、錆や腐食しやすい欠点がある。時計の場合は、そのまま無垢で使用されることは少なく、金や銀、クロムなどでメッキしたうえで製品化される。丁寧に扱うと独特の風合いを見せ味わい深い色になる。
振動数
【 Beat 】
テンプが左右に振れる回数のこと。6振動といえば、テンプは1秒間で左右に6回、すなわち3往復する。ビートともいわれ、8振動、つまり毎時2万8800振動以上のものがハイビートムーヴメントだ。
振動数が上がれば精度も上がるといわれるが、ロービートでも高精度なものもあり、必ずしも振動数と精度は比例しない。振動数が増すとムーヴメントの摩耗が激しくなるため、あえてロービートを採用しているところもある。アンティークは1万8000振動のロービートムーヴメントを採用していることがほとんど。
スタート/ストップボタン
【 Start & Stop 】
クロノグラフを駆動させるためのプッシュボタン。通常は2時位置にスタートとストップ2つの機能を持つボタン、4時位置にクロノグラフ針をゼロ位置に戻すリセット用のボタンが設置されている。
ステンレススチール
【 Stainless steel 】
水や湿気に強く錆びにも強い。また化学薬品や酸化に対しても優れた耐蝕性を誇る合金鋼として、ケースやブレスレットに一般的に取り入れられている。1913年にイギリスで開発された。
ストラップ
【 Strap 】
時計を腕に装着するためのベルトのこと。一般的なクロコダイル(ワニ革)、アリゲータ(ワニ革)、カーフ(牛革)のほか、最近ではエイの革を使ったガルーシャなども人気が高い。皮革素材のほかには、ナイロン、ウレタン、ラバーなどの素材を使用したものも作られている。
●親
 12時側のストラップを指す。
●剣先(けんさき)
 6時側のストラップを指す。
●尾錠(びじょう)
 別名バックル。親の先端に取り付けられており、剣先と親を繋ぐ役目を果たす。
●つく棒
 尾錠に設置された棒状のパーツ。剣先に空けられた穴に挿入して、親と剣先を固定する。
●定革(ていかく)
 つく棒を差し込んだのち、剣先のストラップの余った部分が煩わしくないように収納しておくための固定型の環状のパーツ。定環(ていかん)とも呼ばれる。
●遊革(ゆうかく)
 つく棒が差し込まれたのちに、剣先側のストラップをさらに固定するための移動可能な環状のパーツ。遊環(ゆうかん)とも呼ばれる。
スプリットセコンドクロノグラフ
【 Split second chronograph 】
ワンプッシュで2つの計測を同時に行うことができるクロノグラフのこと。クロノグラフ秒針が2本あり、スタートボタンを押すと、2本が同時に動き始め、ストップボタンを押すとそのうちの1本が停止し、もう1本はもう1度ストップボタンを押すまで動き続ける。
この機構により、たとえば1位と2位の走者のタイム計測や、ラップタイム計測が行える。非常に複雑で、精度も要求されるため、このクロノグラフはコンプリケーションウオッチのひとつでもあり、これを作っていることは、高い技術の証明でもある。ラトラパンテあるいは割り剣クロノグラフとも呼ばれている。
スプリングドライブ
【 Springdrive 】
セイコーが独自に開発した新しい駆動機構。クォーツのように電池、蓄電池、モーターの類は使用せず、手巻き式や自動巻き式の腕時計と同じく動力源はゼンマイを使用。しかし、調速機構に関しては、通常の機械式時計とは異なり発電機とIC回路、水晶振動子によって行っている。通常の機械式時計の範疇を超える、平均日差プラスマイナス1秒という高精度を実現した。
スムーステンプ
【 Smooth balance 】
天輪にチラネジやアジャストスクリューネジを持たないシンプルなテンプのこと。平テンプとも呼ばれる。
スモールセコンド
【 Small second 】
文字盤上に時針、分針とは別に設置された、秒針用のインダイヤル。通常、秒針はセンターセコンドと呼ばれる機構で、時針、分針とともに、センターを軸にして回転しているが、スモールセコンドの場合、秒針のみを単独で表示するため、秒単位の視認性を高めることができる。また、クロノグラフの場合、通常の時計で秒針が設置されている場所にクロノグラフ秒針が設置されているため、秒針はスモールセコンドを採用していることが多い。
スモールダイヤル
【 Small dial 】
文字盤の中にある独立した小さな文字盤を指す。インダイヤルとも呼ばれる。30分積算計、12時間積算計、24時間積算計など、クロノグラフの積算計として使用される場合はカウンターとも呼ばれる。
積算計以外にも、日付け、曜日、閏年、ムーンフェイズ、第2時間帯表示など、さまざまな機構がスモールダイヤルに表示される。
スワンネック緩急針
【 Swan neck regulator 】
テンプの調速をさらに微調節することのできる、緩急針に付け加えられた板バネ。その形状が白鳥に似ていることからスワンネックと呼ばれるようになった。設置されているネジを絞めたり緩めたりすることで、緩急針の動きを微細に制御し微調整が行える仕組み。
精度
【 Accuracy 】
時刻表示の正確さ、安定性などを示す用語。搭載される機能の誤差、歩度、日差、月差、年差などを評価する際に、総体的に使用される。
積算計
【 Counter 】
クロノグラフ機能を駆動して計測された時間の累計を表示する機能。主にスモールダイヤルを使用して表示され、一般的な30分積算計、12時間積算計のほかに45分積算計、24時間積算計などがある。
セラミックス
【 Ceramic 】
陶磁器系の非金属素材。高硬度、非磁性、高耐蝕性、軽量など、ステンレススチールにはない独自の特徴を持つ。腕時計では、ケース、ブレスレット、文字盤などさまざまなパーツに用いられている。
ゼンマイ
【 Spring 】
機械式腕時計の動力源となる、香箱に収納されている細く長いバネのこと。かつてはスチール素材を使用していたが、耐久性の問題から改良が加えられ、現在は数種類の金属を混合して作られる特殊鋼が使われている。
 
PowerWatch創刊16周年記念キャンペーン
TIMEGear ONLINE SHOP|タイムギア オンラインショップ
C's-Factory|電子書籍オンラインショップ
メンテナンス110番
せっかく手に入れた高級時計。できれば末永く愛用していきたいと誰もが思うことです。
しかし、腕時計も多くのパーツで構成されている精密機器のため、美しくしかも正確さを維持していくためには、それなりの日頃のケアと定期的なオーバーホールが必要不可欠です。
そこでここでは、自分でできる日常の簡単メンテナンス法とオーバーホールについて紹介します。

パワーウォッチ新刊案内
ビギナー必見!
時計選び成功の法則教えます。

定価:¥850
発売日:奇数月30日(隔月刊)