POWER Watch|パワーウオッチ 
CONTENT'S SELECT
ご覧になりたい記事分類のカラーチップをクリックしてください。
記事フリーワード検索: 
腕時計用語集|GLOSSARY2015.01.30
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
マイクロローター
【 Micro-rotor 】
自動巻きムーヴメントの錘の一種。振動で回転しゼンマイを巻き上げる回転式の錘だが、通常、ムーヴメントの3分の2ほどのサイズを採用するのに対して、直径約1センチ前後の小さいサイズに設計されている。
巻き真
【 Winding stem 】
リューズに設置されたゼンマイを巻き上げるために不可欠なパーツ。巻き芯とも記される。巻き上げ以外に時刻やカレンダーの調整を行うのに必要となる。
マニュファクチュール
【 Manufacture 】
もともとはムーヴメントの開発、製造からケースなどに至るまで、自社で一貫生産できる体制を持っている時計メーカーのことを指す。最近では、自社ムーヴメントを製造するメーカーという意味で使われることもある。ジャガー・ルクルト、パテックフィリップ、ロレックスなどが代表的。
マリンクロノメーター
【 Marine chronometer 】
海洋上でも陸上と同じ正確な時刻を確認するために製造された海洋時計。羅針盤同様の形で、振動や温度、湿度、潮の影響を受けず、いかなる状況下でも高精度を保つ。
丸穴車
【 Crown wheel 】
ゼンマイの巻き上げに必要なパーツ。キチ車からの回転を、角穴車もしくは角穴中間車へと伝達する車。
ミニッツリピーター
【 Minute-repeater 】
音で時刻を知らせる機構のこと。1700年代に発明されたといわれており、もともとは文字盤を目視できない暗闇でも時刻を認識できるように開発された。時間だけでなく分の単位までを、鐘を打つ数と音色で知らせるミニッツリピーターのほか、分ではなく15分の単位で知らせるクォーターリピーターもある。トゥールビヨンと並ぶ、複雑機能の頂点。
ミルスペック
【 Millitary specification 】
各国の政府が認定した軍の採用品の仕様や性能についての規格のこと。正式にはミリタリースペシフィケーションと呼ばれ、ミルスペックは略称とされている。軍隊に採用される時計にもこのミルスペックが適用されることが多い。
ムーヴメント
【 Movement 】
いわば時計の心臓部。機械式ムーヴメントは、ゼンマイ、輪列、脱進機、あるいは自動巻きのローターなどから構成され、クォーツ式ムーヴメントでは、脱進機がない代わりに、水晶振動子やステップモーターが加わっている。スイスの時計メーカーの多くはエボーシュと呼ばれるムーヴメント専門メーカーから半完成のムーヴメントを購入し、独自に開発したパーツを組み合わせたり、改良を加えて使用する。
ムーンフェイズ
【 Moonphase 】
月齢を文字盤上の小窓に表示させる機構のこと。顔が描かれたものや実際の月のようにリアルな画像を使用したもの、宝石を配したものなど、アイテムによっていろいろなデザインが施されている。
無垢
【 Pure 】
プラチナ無垢、金無垢、銀無垢、ステンレス無垢など、素材の純度を指す。ケースや尾錠の素材として使用されるが、文字盤やムーヴメントの地金に高価な金属素材が使用される場合もある。
無反射コーティング
【 Anti-reflexible coating 】
文字盤の反射による視認性の妨げを解消するために、風防の映りこみなどを軽減させるコーティングのこと。時計によって、表面のみの場合と、両面に施されるものがある。
メッキ
【 ★★★Plate 】
傷や腐食の対策、または装飾的な意味合いでケースなどの素材として使用している金属の上に、別の金属で被膜・被覆する手法。最近では、電気分解メッキや溶融メッキによる従来のもの以外に、真空蒸着などによるPVD加工やイオンプレート(IP)加工なども見られるようになった。
モース硬度
【 Mohs 】
鉱物、宝石などの硬度を示す基準。一般的には、最も軟らかい1から、最高硬度を持つ10までの基準が用いられる。ちなみに、最も硬度の高い鉱物はダイヤモンド。続いて、同列でルビーとサファイアが規定されている。
文字盤
【 Dial 】

パワーウォッチ新刊案内
ビギナー必見!
時計選び成功の法則教えます。

定価:¥850
発売日:奇数月30日(隔月刊)