POWER Watch|パワーウオッチ 
CONTENT'S SELECT
ご覧になりたい記事分類のカラーチップをクリックしてください。
記事フリーワード検索: 
腕時計用語集|GLOSSARY2015.01.30
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
懐中時計
【 Pocket Watch 】
懐に入れて持ち運べる携帯時計のこと。17世紀頃から生産されているが、後に腕時計が普及したことにより衰退した。そもそもは上流階級の人々に愛用された嗜好品としての側面が強く、エングレービングなどを施した装飾性の強いものが多かったといわれている。現在でも限られたメーカーから製造され、時計愛好家から支持を獲得している。
回転ベゼル
【 Rotaring bezel 】
固定式ではなく、ケースとは個別に回転することの出来るベゼルのこと。ダイバーズウオッチや、GMT機能、ワールドタイマー付きの腕時計などに採用されている。ダイバーズウオッチでは、潜水時に誤操作しないよう一方向しか回転しない逆回転防止機能が付いたベゼルを搭載。アビエーションウオッチなど、あらゆる単位を算出できる計算尺を搭載したベゼルには、双方向に回転するタイプが搭載されている。
カウントダウン機能
【 Countdown 】
設定された時間を減数計算方式で表示する計測機能のひとつ。腕時計では、ヨットレースのスタートまでの時間を、小窓の色の変化で目視するタイプが一般的。レガッタ機能とも呼ばれる。
カギ巻き
【 Key wind 】
通常の腕時計のようにリューズを使用せず、代わりに専用のカギを香箱真に直接差し込んでゼンマイを巻き上げる時計のこと。主に柱時計や置時計、懐中時計によく見られる。
角穴車(かくあなくるま)
【 Rachet wheel 】
ゼンマイが格納されている香箱車に連動する、ゼンマイを巻き上げるための歯車。角形の香箱真に固定するために、角形の穴が設けられているのが由来。逆回転を防ぐため、コハゼによって制御される。
ガスケット
【 Gasket 】
ダイバーズウオッチなど、高い防水性、気密性が要求される腕時計で使用されるゴム製のパッキンのこと。裏蓋、リューズ、プッシュボタンなど、隙間が出来やすいパーツに取り付けられる。
カーベックス
【 Carbeccs 】
手首への装着感を考慮して、ケースを腕のカーブに沿って湾曲させた形状のこと。アメリカの時計メーカーであるグリュエンが製造した腕時計から派生した言葉。主に、トノーケースやレクタンギュラーケースの腕時計に採用されている。
カボション
【 Cabochon 】
リューズの先端などに取り付けられた宝石。カボションとはフランス語で「曲面状に磨いた宝石」を意味する。サファイア、ルビーなどが一般的。また、実際に宝石を使用していない場合でも、同様の形状を持つ装飾をカボションと呼ぶ場合もある。
カム式クロノグラフ
【 Cam 】
クロノグラフの構造のひとつ。1960年代後半までのクロノグラフは、ピラーホイール式が優先されてきたが、1970年代に入ると、コストを削減するためにパーツ点数を減らしたカム式の機構へと移り変わった。 基本的な役割は変わらないが、耐久性の良い回転運動のピラーホイール式に対して、ノック運動を行うカム式の機構は耐久性に関して専門家の間でも賛否両論ある。
ガラス
【 Glass 】
文字盤を保護するためのパーツ。風防とも呼ばれ、素材にはミネラルガラス、プラスチック、サファイアクリスタルなどが使われる。現在は、サファイアクリスタルが一般的。サファイアクリスタルは、硬質で傷が付きにくいことに加え、透明度の高さや輝きの強さもあり、風防に最も適した素材となっている。
カレンダー機構
【 Calendar 】
日付けや曜日などを表示する機構。小窓に日付け表示のみ、あるいは曜日までを表示するタイプがスタンダード。小窓の位置はさまざまだが、3時や6時位置が一般的だ。同じ日付け表示でも、文字盤に記載された日付けを針で指すポインターデイト方式も存在する。
そのほかにも、日付けの小窓を2分割して、大きな数字を表示できるように設計されたビッグデイト、日付け、曜日、月をひとつの文字盤内で表示するすトリプルカレンダー、月齢を表示するムーンフェイズ、閏年の表示までを自動で行う永久カレンダーなど、その種類は非常に豊富だ。
ガンギ車
【 Escape wheel 】
アンクルと対になっている、脱進機のパーツのひとつ。テンプに一定の力を与えて左右に振動させると同時に、テンプからの規則正しい振動周期を輪列に送り、一定の精度を維持する役割を果たしている。
緩急針
【 Regulator 】
ヒゲゼンマイの長さを調整するためのヒゲ棒を、左右に動かすレバー。この緩急針を調整することで、針の遅れ、進みをコントロールすることが可能になる。
機械式
【 Mechanical 】
香箱に収納されたゼンマイがほどける力を利用して、歯車を動かし、針などを動かすムーヴメントのこと。機械式ムーヴメントを採用した時計のことを指すことも多い。手動でゼンマイを巻き上げる手巻き式と、ローターの回転によってゼンマイを巻き上げる自動巻きの2種類がある。時計は、この機械式と、電池を動力に使用するクォーツ式の2種類に大別することができる。
キズ見
【 eye glass 】
時計の組み立てや修理を行うときに使用するルーペ。作業の内容や扱うパーツなどによって倍率にもいくつかの種類がある。
キネティック
【 Kinetic 】
セイコーが1988年に開発した、世界初の自動巻き発電機構を搭載したムーヴメントのこと。回転錐の運動でコイルに電流を発生させ、その電力をコンデンサーに充電。その電気エネルギーで水晶振動子を振動させ、回路を駆動させる。電池交換不要のクォーツ式腕時計。
キネティックオートリレー
セイコーのキネティックに節電機構を搭載したもの。腕時計を72時間以上使用しないと、自動的に節電状態に入り針が止まるが、ICでは時を刻み続け、腕時計を動かすとキネティックムーヴメントも復活。現在時刻に復帰する。
キフ
【 Kif 】
天真などの微細なパーツを、衝撃から守るためのムーヴメントに設置される耐震装置のひとつ。
逆回転防止機能付き回転ベゼル
【 Unidirectional bezel 】
主にダイバーズウオッチに搭載されている、潜水時間計測のための一方向回転式ベゼルのこと。潜水時に誤ってベゼルが回転し、潜水時間の計測に誤差が生じることがないように、時計と逆回りにしか回らないように設計されている。
キャビノチェ
【 Cabinotier 】
ヴァシュロン・コンスタンタンの創業者であるジャン・マルク・ヴァシュロンなど、18世紀のスイス時計界で活躍した優れた時計職人らの呼称。当時の時計職人たちが屋根裏(キャビノチェ)で時計の製作を行うことが多かったことから、時計工房、または時計職人自体をキャビノチェと称するようになったといわれている。
ギャランティー
【 Guarantee 】
保証、あるいは保証書のこと。新品の腕時計の場合、購入後1年以内に起きた自然故障を無償で修理するための保証書になっていることが多いが、そのメーカーの製品であることを保証するための証明書としての意味も併せ持つ。
キャリバー
【 Calibre 】
腕時計に搭載されているムーヴメントを管理するための型番。通常は「Cal.」と表記されていることが多い。
ギョーシェ彫り
【 Guillochure 】
18世紀にアブラアン-ルイ・ブレゲが考案したといわれている、文字盤に施される繊細な彫金装飾のこと。装飾的な意味合いと、光の反射を抑えて文字盤を見やすくする実用的な意味合いを持つ。本来は熟練した職人が手作業で彫り上げていたが、現在はプレス加工が多い。高級ブランドの一部では、今でも職人による手作業でこの装飾が施されている。
鏡面仕上げ
【 Mirror finish 】
ケースやブレスレットに鏡のようなツヤ感を持たせた仕上げのこと。現在でも、職人の手作業で磨き込んでいくのが一般的。ポリッシュ仕上げともいう。
均時差
【 Equation of time 】
真太陽時を1日の長さとすると、1年を通じて、23時間44分から24時間14分の間で1日が変化する。これを1日24時間で区切った平均太陽時に比較した際に、軸差マイナス16分からプラス14分の誤差が出る。その誤差を均時差という。コンプリケーションのなかには、この均時差を表示する機能を搭載したモデルも存在する。
クォーツ
【 Quartz 】
電圧を加えると、毎秒3万2768振動する水晶の特性を生かして調速を行う電池式の高精度ムーヴメント。機械式では日差数秒の精度が限界だが、クォーツ式の場合、月差数秒という驚異的な高精度が実現できる。1969年にセイコーが、世界で最初にクォーツ式を商品化した。
グラスヒュッテ
【 Glashütte 】
ドイツのザクセン州、ドレスデン近郊にあるドイツ時計産業の中心都市。A・ランゲ&ゾーネ、グラスヒュッテ・オリジナル、ノモスなど、ドイツを代表する実力派の時計ブランドが本社を構える。
グランドコンプリケーション
【 Grand complication 】
永久カレンダー、ミニッツリピーター、スプリットセコンドクロノグラフ、トゥールビヨンなど、複雑機構を複数搭載した腕時計のことを指す言葉。機械式の場合は製作が非常に困難なため、希少価値が高く何千万という価格になる。多機能化が容易なクォーツムーヴメント搭載の腕時計からは、手頃な価格でグランドコンプリケーションが登場している。
グリニッジ天文台
【 Royal Greenwich Observatory 】
1675年にロンドン東部のテムズ川近くにあるグリニッジの丘にチャールズ2世が建立したイギリス王立天文台。世界で最初に子午線が置かれ、GMTの呼称で知られているグリニッジ標準時の基点になっている。1997年には、世界遺産にも登録されている。
クロノグラフ
【 Chronograph 】
通常の時刻表示機能に加えてストップウオッチ機能を搭載した腕時計のこと。一般にはインダイヤルの数により2カウンタークロノグラフ、3カウンタークロノグラフに分かれるが、インダイヤルのないクロノグラフもある。
クロノメーター規格
【 Controle Offiiciel Suisse des Chronometres 】
1951年にスイス時計製造協会が認定した時計の制度規格。現在はクロノメーター検定協会(COSC)が定めた厳しい試験にパスしたムーヴメントに与えられ、時計の文字盤などにクロノメーター認定を受けたムーヴメントであることを表記することが認められている。また、この認定を受けた高精度ムーヴメント自体を、クロノメーターと称することもある。
クロノマチック
【 Chronomatic 】
マイクロローター式の自動巻きクロノグラフムーヴメント「Cal.11」のこと。1969年にブライトリング、タグ・ホイヤー、デュボア・デプラが共同で開発した。自動巻きクロノグラフムーヴメント/カム&スイングピニオン式/毎時2万1600振動/直径31ミリ/厚さ7.7ミリ
クロワゾネ
【 Cloisonne 】
文字盤装飾のなかでも最も伝統的手法のひとつ。エナメル技法ともいう。フランス語で「仕切る」を意味するクロワゾネは、日本では有線七宝とも呼ばれ、文字盤上に厚さ0・1ミリ、幅1ミリのゴールドのワイヤーで絵柄の輪郭を描き、そこに使用する色ごとに釉薬を入れて焼き上げることで完成する。色ごとに何度も焼き上げねばならず、熟練の技術を必要とする。
軍用時計
【 Military watch 】
軍隊が制式に採用する時計。主に軍と契約を交わした時計メーカーが製造し、裏蓋にミルスペックと呼ばれる刻印がされている時計を指す。一般に販売されている時計を導入する場合もある。精度はもとより、耐久性、視認性など、極限の環境下でも高い実用性を発揮するクオリティが求められる。
ケース素材
ムーヴメントを収納する容器。最も一般的なステンレススチールのほか、ハイエンドモデルにはイエローゴールドやホワイトゴールドなど金無垢のケースが採用されることが多い。
最近はプラチナ、チタン、セラミック、カーボンなどのほか、ステンレススチールにPVD加工を施したものなど、多種多様な素材をケースに採用する傾向が見られる。
月差
【 Monthly rate 】
1カ月間の時計の進みと遅れの度合いを示す言葉。一般的には、機械式時計の場合は1日の進みと遅れの度合いを示す日差で精度を表示し、クォーツ式の場合に月差を用いる。機械式の場合は日差プラスマイナス10縲・0秒以内、クォーツの場合は月差プラスマイナス10縲・0秒以内が正確とされている。
原子時計
【 atomic clock / nuclear clock 】
誤差が10万年に1秒という、最高精度を持った時計。原子や分子から発生する、一定周波のエネルギーを利用している。電波時計はこの原子時計をもとにした標準時刻電波を受信して誤差を修正する。
コーアクシャル脱進機
【 Co-axial escapement 】
オメガが量産化を成功させた独自の脱進機構。通常よりもひとつ多い3つのツメ石を持つアンクルなどにより、パーツの摩耗を軽減。注油の必要性をほぼなくすことに成功した。通常のアンクル脱進機より、安定した高精度を維持できるとされる。現在のオメガでは、この機構を積極的に取り入れて、多くのモデルに搭載している。
ゴールド
【 Gold 】
金の意。純金はK24。時計にはK18が主に使用される。イエロー(YG)、ピンク(PG)、ローズ(RG)、ホワイト(WG)など、金と混合する他の素材によって色味や硬度などが変わる。市販として使用可能な合金の金含有度はK9、K14、K18、K22が法規で認められている。それぞれの金製品には、国の承認が必要で、許可されたものにはホールマークが刻印される。
コインエッジ
【 Coin edge 】
その名が示しているように、硬貨の縁に似た溝状の装飾のこと。主にベゼルやケースの側面に彫り込まれることが多い。アンティークのパイロットウオッチなどにも採用されており、腕時計にクラシカルな印象を与えることができる。
香箱(こうばこ)
【 Barrel 】
機械式時計の動力源である主ゼンマイを収めている丸缶状の歯車のこと。バレル、一番車、香箱車とも呼ばれている。
コート・ド・ジュネーブ
【 Côtede Genéve 】
ムーヴメントの地板や受け板に施される波形の模様。スイスの古典的な時計装飾の類で、美しさを誇示するためだけでなく、バリを除去し、油飛びも防ぐという効果がある。
コラムホイール
【 Column wheel 】
クロノグラフ機能の操作を、ムーヴメントの各部に伝達する歯車。2段構造で上段に柱(ピラー)のような形の歯車があることからピラーホイールとも呼ばれる。1960年代後半までは、コラムホイールを搭載するムーヴメントは一般的であったが、現在では高級なクロノグラフモデルにしか見ることができなくなった。最近では、カム式を見直しコラムホイールにモデルチェンジする傾向が見られる。
コンプリケーション
【 Complication 】
トゥールビヨン、パーペチュアルカレンダー、ミニッツリピーター、スプリットセコンドクロノグラフなどの複雑な機構を搭載している腕時計の総称。また、これらの複雑機構を2つ以上搭載している腕時計を、グランドコンプリケーションと呼ぶ。

パワーウォッチ新刊案内
ビギナー必見!
時計選び成功の法則教えます。

定価:¥850
発売日:奇数月30日(隔月刊)