POWER Watch|パワーウオッチ 
CONTENT'S SELECT
ご覧になりたい記事分類のカラーチップをクリックしてください。
記事フリーワード検索: 
全 536 件:    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 
件表示
第22回 実用的なワールドタイムウオッチ2002-09-28
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

海外でこそ便利さを感じる
 私は旅が好きである。多くの人は旅は好きだが途中の飛行機や鉄道での移動が嫌いだという。幸いなことに私は鉄道が好きで、車窓から移り変わる景色を眺めているほうが、目的地の見物以上に好きである。飛行機は雲の上を飛ぶことが多く、景色を眺めることは難しいが、初めてのコースを飛ぶときは窓側の席を予約して、息子の中学生のときの地図帳を眺めながら、空からの景色を楽しんでいる。

 航空会社のサービスの是非もわかってきた。食事、ラウンジ、座席のビデオの有無などで比較すると、私の好みは一番が韓国、二番がアジア系、三番が日本、ヨーロッパ系、四番アメリカ系である。食いしん坊の私が機内とラウンジでの食事のよさで決めたことなので、軽く聞き流してほしい。今回は海外旅行に役立つワールドタイムを紹介したい。海外から日本に電話するときに非常に便利である。

 ギャレット・キャリバービーナス150(1950年代製造)。この時計はクロノグラフをゼロに戻すときに瞬間的に戻る。これはハンマーが常にバネで押えられていてリセットボタンを押すと同時にフックが外れ、ハンマーがバネの力でハートカムをゼロに戻すからである。そのほかクロノ針がゼロの位置にあるときにストッパーがクロノ車を固定するのではなく、クロノ車に付いているハートカムをハンマーが固定するので、クロノ車の歯先の磨耗を防ぐなど構造的にすぐれた点が多い。第二次はフライングオフィサーと文字盤に表記されているが、カム式の廉価版のムーヴメントを使用し、ケースも重厚感がなくなっている。










さまざまな機構が作られる
 チソット(現在はティソと呼ばれている)・キャリバー28・5N(1950年代製造)は、番号からもわかるようにオメガの28ミリ半回転式自動巻きと同系のムーヴメントで、オメガと兄弟会社であったことが証明される。半回転式の長所である薄さを生かしながら巻き上げ効率を高めた理想的な自動巻きムーヴメントであり、ジャガー・ルクルトのキャリバー476とともに半回転式の双璧である。ワールドタイムも一度セットするとすべて自動的に動き、一目で全世界の都市の時刻がわかり、過去に製造された最も優れたワールドタイムである。これも後にカレンダー機構を利用した外見がそっくりの復刻版が作られた。

 セイコー・キャリバー6217A(1964年製造)はスポーツマチックからグランドセイコーまで、すべての製品に使用されたセイコーの自動巻きの代表作。マジックレバーと呼ばれる自動巻きの巻き上げ方式は、驚くほど簡単で効率も非常によかった。しかいローター中心部の扁芯ピンにものすごい負荷がかかるため、2~3年ごとに交換の必要性が生じた。手動ではあるが、地名入り回転盤を合わせることにより、各都市の時刻がわかる便利な時計である。

 次はホライ・キャリバーETA2892A2(2004年製造)。自社一貫生産メーカーが全滅状態のスイス時計を支えているのが、歴史あるETA社であり、現在も高額時計のほとんどがこのムーヴメントをベースとしている。私はETA社を否定しているのではなく、評価している。ムーヴメントがETA社製であることを隠し、自社製と称して高額な価格を設定している時計メーカーに正直になってもらいたいのである。この時計のユニークな点は子時計が親時計とまったく別にセットできることであり、子時計を12時に合わせると経過時間がわかる。

 最後はオリス・ワールドタイマーキャリバーETA2836竏・(2002年製造)。2892と比べるとやや厚型で、両者でスイス製紳士用自動巻きの大半を占める代表的なムーヴメントであり、スイス時計を支えている。一般的なムーヴメントながら、機能的に過去に前例のない画期的な構造に挑戦をしている。親時計の時針がボタン操作での両方向に動き、日付も連動している。国内でも時差のあるアメリカで欠かせない時計で、最も使い勝手がよく、私の海外旅行の最もよきパートナーである。

 最も機能的に優れているのはチソットであるが、古い時代に作られた前の3本は日本がサマータイムを採用していないため使いづらい。日本でもサマータイムの採用を、そろそろ検討すべきであろう。
※この記事は本誌第6号(2002年9月28日発売)から第30号(2006年9月28日発売)にわたって掲載された人気連載企画です。
辛口ムーヴメント講座|バックナンバー
全 536 件:    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 
件表示
TIMEGear ONLINE SHOP|タイムギア オンラインショップ
C's-Factory|電子書籍オンラインショップ
メンテナンス110番
せっかく手に入れた高級時計。できれば末永く愛用していきたいと誰もが思うことです。
しかし、腕時計も多くのパーツで構成されている精密機器のため、美しくしかも正確さを維持していくためには、それなりの日頃のケアと定期的なオーバーホールが必要不可欠です。
そこでここでは、自分でできる日常の簡単メンテナンス法とオーバーホールについて紹介します。

パワーウォッチ新刊案内
ビギナー必見!
時計選び成功の法則教えます。

定価:¥850
発売日:奇数月30日(隔月刊)