POWER Watch|パワーウオッチ 
CONTENT'S SELECT
ご覧になりたい記事分類のカラーチップをクリックしてください。
記事フリーワード検索: 
全 531 件:    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 
件表示
第5回 今も愛される名機ヴィーナスの魅力2002-09-28
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

目を見張る技術力
 前回と前々回で取り上げたバルジューの知名度が高かったのに比較して、ヴィーナスは地味な存在であった。その理由はヴィーナスがパテック・フィリップを筆頭に「ローレックス」など有名ブランドから無名ブランドにまで採用されていたからだ。ヴィーナスを採用していたモデルではブライトリング社のナビタイマー(写真②)が最も代表的であったが、それ以外は無名ブランドが多かった。

 ヴィーナスの特筆すべき点は、普及品を作りながら、他のクロノグラフメーカーが作り得なかった特殊クロノグラフを作ったことである。その頂点に立つのがスプリット(割剣)クロノグラフのキャリバー179(写真③)だ。クロノグラフ針のほかにスプリット針を付けて、たとえば1位と2位のタイム差など、2つのタイムを計測できるようにした。一見すると、針が1本余計に付いただけのクロノグラフと簡単に見過ごされそうな腕時計だが、構造の複雑さ、さらにはコストの面からも、時計修理に従事する我々にとっては脅威に値する一品なのだ。懐中時計としては他のメーカーも作ったが、腕時計用としてはヴィーナスだけが作り得たのである。

 キャリバー140(写真④)も非常に特殊で、文字盤から眺めると、長短針が12の下に小さく配置され、クロノグラフ針と分積算計が見やすくなっている。裏蓋を開けてムーヴメントを眺めると、クロノグラフの機構が全く見えない。それらはすべて文字盤とムーヴメントの間に納められているのである。最近になってこの発想が、いわゆる2階建て腕時計に受け継がれている。これは自動巻きにクロノグラフと似た動きをする部品群を後付けしたもの。キャリバー140はあくまでも配置上で似ているだけであり、問題がある現行の2階建てと違ってトラブルがあるわけではない。40年以上を経て、参考にされるのも名誉なことではないか。










ヴィーナスは高級品
 ブライトリングのコスモノート(写真⑤)は24時間表示になっている。軍で使用するための特殊な仕様で、慣れないと時刻を見間違えてしまうが、文字盤と短針車以外はナビタイマーのキャリバー178と同じである。たった2個の部品で、全く別の時計となってしまうのである。

 このほか、ヴィーナスの特徴はリセット時に、クロノグラフ針のゼロへの戻り方が非常に軽いということがある。リセットボタンを押すと、ゼロに戻すハンマーの押さえが解除されバネの力で瞬間的に針がゼロに戻りリセットが終了する。バルジューやユニバーサルでは、リセットボタンを力一杯押し込んだときだけ、ハンマーがハートカムに接触して針をゼロに戻す。その違いがリセットを軽くしているのである。

 このような瞬間的にリセットされるクロノグラフを好むユーザーは多いようだが、実はスタートボタンを押したときには、ヴィーナスのほうがバルジューより重くなる。これはハンマーを持ち上げるためだ。旧ブライトリング社の倒産と時を同じくして、ヴィーナス社のムーヴメントは消滅したかに思えたが、1940年代に設計、製造されたムーヴメントの価値が近頃になって再認識され、眠っていた昔のムーヴメントを探し出すことが活発になってきた。

 ムーヴメントの優秀さより宣伝の上手さで販売を伸ばすという、スイスの多くの時計メーカーの方針に疑問を持っていた私は、5~6年前から何とかいいムーヴメント(新旧問わず)を探し出し、納得できる自店ブランドの時計を作りたいと考えていたが、そのとき見つかったのがキャリバー175である。178の12時間積算計の付いていないタイプである。

 こうして発見された貴重なムーヴメントだけに、緩急針微調整装置(スワンネック)を使用し、部品には面取りや磨きを施して、既成のヴィーナスをはるかに超える超高級時計として蘇らせることができた(写真①)。ケース、文字地盤、針にもこだわり、30年以上の耐用年数を目標とした画期的な時計とすることができたのである。日本の一小売店が、スイスの高級時計メーカーにオリジナル時計を発注したのは異例のことであり、それを引き受けてくれた旧ミネルバ社に敬意を表したい。

 次回もさらに、ヴィーナスに関する話を続けたいと思う。
※この記事は本誌第6号(2002年9月28日発売)から第30号(2006年9月28日発売)にわたって掲載された人気連載企画です。
辛口ムーヴメント講座|バックナンバー
全 531 件:    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 
件表示
TIMEGear ONLINE SHOP|タイムギア オンラインショップ
C's-Factory|電子書籍オンラインショップ
メンテナンス110番
せっかく手に入れた高級時計。できれば末永く愛用していきたいと誰もが思うことです。
しかし、腕時計も多くのパーツで構成されている精密機器のため、美しくしかも正確さを維持していくためには、それなりの日頃のケアと定期的なオーバーホールが必要不可欠です。
そこでここでは、自分でできる日常の簡単メンテナンス法とオーバーホールについて紹介します。

パワーウォッチ新刊案内
ビギナー必見!
時計選び成功の法則教えます。

定価:¥850
発売日:奇数月30日(隔月刊)